スーパーのレジ袋を使えるように保管する生活の方法

チューブに入っているものとして食品ならマヨネーズ、ケチャップなどが知られています。

TOPICS

チューブに入っているものを最後まで使い切る生活の技

スーパーのレジ袋を使えるように保管する生活の方法 チューブに入っているものとして食品ならマヨネーズ、ケチャップなどが知られています。ケチャップは比較的最後まで使えますがマヨネーズは容器の側面に付いている部分が多いために使い切る前に捨ててしまうことがあります。見えているだけにもったいなく感じます。日常生活では歯磨き粉もチューブに入っている商品です。こちらは中身がわからないので出なくなったら捨てる人もいるでしょう。

環境のため、節約のためならできるだけ最後まで使い切るのが良いといえます。マヨネーズを最後まで使い切る方法として定番なのは容器を半分ぐらいのところで切ることです。そして側面に付いたり下にたまっているものをスプーンなどでかきだします。直接取れるので良くやる方法でしょう。しかし歯磨き粉などは容器が小さいこともあってこの方法が難しくなります。

マヨネーズでも歯磨き粉でもどちらでも使える方法があります。まず容器に空気を入れてもっとも膨らんだ状態にします。そして容器の底を持って振ります。すると容器の中身がどんどん出口の方に落ちていきます。これによって残りもきれいに使いきれます。歯磨き粉であれば普通に使えなくなってから10回くらいはこの方法で取り出すことができます。
Copyright (C)2019スーパーのレジ袋を使えるように保管する生活の方法.All rights reserved.